毎年何気なく書いて出している暑中見舞いですが、意外とマナーがあることを知り驚きました。
特に仕事関係の人に出す場合は失礼のないように細心の注意を払いたいです。
参考サイトはこちら⇒暑中見舞い 文例

まず、暑中見舞いを出す時期は、7月初旬の梅雨明け~立秋に出すのが基本で、立秋を過ぎる場合は残暑見舞いとして出すのがマナーです。
残暑見舞いの場合は、最後の日付のとろこに平成〇〇年晩夏と書くというのは知らなかったのでとても勉強になりました。

相手方の会社のことを「御社」や「貴社」と言いますが、暑中見舞いの中ではどちらかに統一することが大切です。
宛名も県名など省略しがちですが、きちんと省略せず書き、会社名や部署、役所名、名前も全て省略せずに書く必要があります。

仕事関係の相手に出す暑中見舞いには何を書いて良いのかわからず、結局形式的な暑中見舞いになってしまうこともあるのが悩みでしたが、自分自身の近況報告を書くというのも良いと知れたので、今年からは悩まずにすみそうです。
また、文例も非常にわかりやすくとても参考になりました。
ビジネスシーンでは暑中見舞いも大事なコミュニケーションツールの一つなので、おろそかにせず、しっかりとマナーを抑えて仕事が増えるような暑中見舞いを書きたいと思いました。