「必然的に英語を話す、外国へ行く」とか「英語を母国語とする知人を作る」とか「英語で話している映画や、英語圏のミュージックやニュースを視聴する」というように、色々なやり方が一般的ですが、ひとまず単語そのものを大体2000個くらい暗記すべきでしょう。
おうちホームステイでも、アメリカの民間企業のカスタマーセンターというものの大部分は、実を言えばフィリピンに設置されているのですが、通話している米国人は、相手方がフィリピンの人間だとは想像もしていないと思います。

⇊よければ是非ご参照下さい。⇊
山内勇樹 英語 動画

英語しか使用できない英会話講座は、単語を日本語から英語にしたり英語の単語を日本語に置き換えたりという訳す作業を徹頭徹尾取り去ることで、英語だけで考えて英語を認証するやり方を脳に構築していきます。
英語の文法的な知識といった知的情報量を増やすだけでは英会話は上達しない。